マンデリン

コーヒーの特徴

■原産地■
赤道を中心とし大小約1万3700の島からなるインドネシアは日本からの観光客も沢山訪れる観光地です。まだ記憶に新しいあの大変な、大地震での大津波で尊い命を失った大変な被害を受けたインドネシアスマトラ島北部北スマトラ州で産出されています。
商品説明■
生豆は、大粒で褐色かかった黄緑色の豆です。珈琲生産量世界第3位のインドネシアは、ロブスタ種が中心の豆です。マンデリンは、酸味と力強い苦みそして口や喉に広がるコクの深さ。そんなマンデリンを味わうには、寝不足や寝起きですっきりしない朝など、ストレートにして飲む事をお勧めします。

店長おすすめ!

マンデリンをストレートで一杯!!『スカッ』という気持ちになります。長井珈琲のマンデリンを選んでいただき本当にありがとうございます。お仕事毎日ご苦労様です。少しでも、お役に立てたかと思うと、長井珈琲の生きがいにもなります。

焙煎士コメント

インドネシア産の代表的な高品質コーヒー。一般的に、スマトラ島北部の高地で栽培されたアラビカ種のコーヒーのことをマンデリンと呼びます。インドネシアの火山灰土とアジアの気候が育んだ質感のある苦味は独特のもので、他のどのコーヒーでも味わうことができないほどのインパクト。個性的な味と他のコーヒーには見られないコク、そして独特のフレーバーを持ち合わせ、コーヒーファンが多いのも特徴です。

ティスティング評価

香り
3/5
酸味
0/5
苦味
4/5
甘味
5/5
コク
5/5

お客様の声

商品説明

マンデリンはコクと苦みを引出まったりとした味に仕上がっています。

本体価格
100g×570円(税込価格)
内容量
100g×1銘柄