【長井珈琲独自の技法 蒸らし焙煎珈琲】

一杯の珈琲がある人は元気を ある人は心を開放して新しい世界をふみ出す勇気を与えてくれることもありますそんな魅力を秘めた一杯の珈琲だからこそ美味しくなければなりません。
私どもも、美味しいを珈琲を提供しなければならない責任のもと日々努力しております。

珈琲の味はちょうどよい
焼き加減「焙煎の度合い」に
よって、大きく変化します。その味の変化は生産国の味違いよりも大きいのです。
生豆にもこだわり、焙煎にはとことんこだわりますので
そこで生まれたのが「蒸らし焙煎」技法なのです。
加熱焙煎直後、入り止め
焙煎釜の内部に残った熱が
珈琲中心部まで十分に浸透
するようにそのまま高温状態の中においておきます。どのタイミングが蒸らしはじめでどのタイミングでむらし止めにするかが難しく長年の経験と、舌、感が求められます。
蒸らし焙煎とは
創業34年の実績と経験で、美味しいコーヒーを出したいと言う強い思いでで試行錯誤と沢山の失敗を重ねやっとたどり着いた長井珈琲の独自の蒸らし焙煎珈琲
《特徴は》
蒸らし焙煎より申しぶんのないふくらみ。張りのある肌合いと美しい光沢。うまみが、ぎゅっと封じこめられたため息のもれる珈琲
ひと釜ひと釜、焙煎直後にコーヒーを抽出し色、透明度、味の厳しいカップテストを行います。
こ個性のある豆をどう組み合わせ調和の取れた味を作り出すか単品種の味を超えた新しい味の創造こそが、ブレンドの真骨頂といえます。さて先ほどのカップテストで本日焙煎豆の配合率が決定いざ”ブレンドへ。